小売りネットショップ向け販売促進ノウハウと
自動集客化の為の便利な集客ツール。

 

ネット販売を始めたけど商品が全然売れない。

 店舗集客を自分のメディアから集客したいが上手くいっていない。 

ネットショップでの注文をメインに自社サイトで販売したいけど

何をしていいかわからない。

 

売れるショップと売れないショップ

 

そもそもインターネットを使ってネットショップからの、店舗への新規集客、

問い合わせ、注文を頂けるようにと多くの方が試行錯誤を繰り返しています。

 

たまに初心者だったのにたまたまピックアップされたりなどで
いきなりアクセスが殺到する場合の方もいますが、そういった事例は
まったく再現性がないのでしっかりとショップ運営をして注文が入り続ける
仕組みとして仕上げたい方には意味がありませんよね?

 

 

そこでまず知っておいてほしいのは、
売れるショップと売れないショップの違いについてです。

 

 

商品の利益率だったり世間的な重要度のレベルに関しては

その商品やサービスジャンルによっては差はありますが、

しっかりとした売れるための戦略・戦術においてのマーケティングが

しっかりしているショップが売れるショップです。

 

では売れないショップとはどんなショップなのか?


結論から言うと、一貫性がない運営をするショップです。

 

 

◆一貫性がないショップとは?◆

 

そもそも一貫性がないネットショップのマーケティングというのは
発信してる情報や商品に「目的」が感じられないものです。

イコール、運営している側がやっている事がブレブレだという事。

 

 

例えば「Aの集客方法」というものがネットサーフィン(ネット検索)
をしていたら見つけてやってみたけど、それが正しいかわからないまま、

またネットで「Bの集客方法」などみて取り入れたりと、ゴール地点もないまま
ただ闇雲に作業をしていたりして集客行動すらも中途半端な形になっています。

 

そうすると仕組みとして形になる前の段階で終わってしまっている
という状態が「ブレブレ」で売れないショップの典型と言えます。

 

そんな方のためにネット初心者からでも簡単な作業で出来てしまう
売れるネットショップの仕組み!そして半自動的に運営出来てしまう
ノウハウを出来る限り簡潔にまとめさせていただいたのがこの
通称:TwinPress→ツウィンプレスTPマーケティングです!

 

 

初心者でも出来る!再現性が高い!

 

ネットマーケティング手法と言い出せば、少し調べてみればわかるように

業種や扱うメディアによって適材適所といわんばかりにノウハウが存在しています。

 

私の場合はWebマーケティング全般を行っていいる為、

個別で個人事業主さまから中小企業さまへのコンサルティングでは

さまざまな手法を駆使して最適化を行っていきます。

 

 

しかしそれを初心者がすぐに実行に移そうと思えば相当な期間の学習、
実施テストを数百、数千とこなしてマスターしなければいけません。

 

 

どんな簡単なノウハウであっても具体的な実行量(アウトプット)は
もちろん必要ですが、それでも可能な限り!

 


【誰にでも出来て!分かりやすく!再現性がある手法!】


このTPマーケティングはここにフォーカスして

6つのStepに分けて解説しています。

 

コンテンツ内容

Step1:属性選定とリサーチの徹底
Step2:主要SNSアカウントと運用手段!
Step3:WP推薦!ブログ設定と運用のコツ!
Step4:推薦HP・販売サイトの作成法!
Step5:TPマーケティング連動とAP
Step6:運営の自動システム化!

ツインプレスマーケティング

¥12,800 通常価格
¥6,380セール価格